物件選びの注意点

パソコンの入力

歯科を開業しようと思った場合、当然に必要になってくるのがその診療所にするための物件ですが、これはどこにどのように構えてもいいというものではありません。
では歯科を開業する際に、それにふさわしい物件とはどのようなもので、どのような部分を注意すればいいのでしょうか。
まず歯科である以上、その治療に必要な機材を備える環境にあるのは当然ですが、そのような部分と同様に重要と言えるものが、その物件の住所です。
これは当然に、歯の治療に来る人が通院しやすい環境が求められてきます。
交通の便で言えば、いかに駅に近い場所であるか、という点です。
普通、歯科にはよほどの大手でもない限り、車やバイクで通院というものはありません。
ほとんどの人は電車や、せいぜいバスを使って通院してくるでしょう。
ですからまず歯科の住所の基本は、交通の便がよい環境というものでなければならないのです。
実際もしこの点に難があったとしたら、よほど他の医院よりも腕がいいといった要素でもない限り、通院を必要としている人は、よそに行ってしまうでしょう。
このように一見、直接営業に関係なさそうな部分ですが、かなり重要な要素がありますので、開業を考える際にはこの点は、絶対に外してはなりません。
次に交通の便がクリアできても、問題になりやすいのが営業時間というものです。
基本、自営業である以上、営業時間は自由なのですが、医院を構えるビル等によっては、その営業時間に制約がある場所もありますので、入居の際にはそこを十分に確認しておかないと、後でトラブルになる可能性があります。
ここをおろそかにしてしまいますと、歯科医と物件の都合が合わずにその営業に支障をきたす可能性もありますので、この点も十分に注意が必要でしょう。
このように歯科医院として居を構える場合には、それ以前にその物件のどこを押さえておけばいいのかという重要事項そのものも、押さえておく必要があるのです。

オススメリンク

ミラーでチェック

専門家のサポートを受けよう

歯科医として働いている人がたくさんいます。
そのなかにはどこかの病院に雇われて働いているという人も多いです。
しかし歯科医として独立をして開業をしたいと考えている人もいます。
この時に必要になってくるのが開業をするための物件になります。
いくら資金があっても開業をする物件…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031